コマツナも順調に芽が出てきた。

しかし,ホウレンソウは全く出てこない。家で育てているロックウールではすでに発芽しかかっている。これは,やはり種を掘り返された影響か?
けれども予定どおり,ホウレンソウの第2弾を蒔いてみることにした。種まきはすぐに終わったが,たぶん種を蒔いているところを見られているであろう。
今度こそ犯人を特定したく,再度トレイルカメラを設置してみた。

カムフラージュもしたり,前回よりも低めにセットしたりと工夫をしたのだが,環境に懲りすぎてなんとカメラを上下逆さに取り付けてしまっていた。
こんな風に,ホウレンソウの種を蒔く。

上からうすく土をかぶせる。つつかれるとすぐに種が顔を出すだろう。

さて,トレイルカメラの上下を正しく直して,スタンバイOK!

さて,どんな映像がとれていることやら。なんかワナを仕掛けたみたいだ。

カラスのせいで?(まだ決まったわけではないが)蒔いた種は半分あきらめていたが,なんと発芽していた。
 

芽が出たのはコマツナを植えた所。コマツナはなぜか荒らされていない。それもあってか,びっしりと生えてきている。毎日が楽しみだ。ホウレンソウとサニーレタスは気配もない。ホウレンソウは荒らされてしまったこともあるが,さすがに暖かくなりすぎたのだろうか。(袋には「暑さに強い」と書いてあったが・・・。)サニーレタスは,あの薄くて小さい種のどこに養分が含まれているのだろうかと思う。今のところ荒らされていないので,期待して待とう。

こちらも芽が出た・・・! と,思ったら雑草だった。(ジャガイモ)
ジャガイモの畝も結構つつかれたような後がある。雑草をつついてくれればいいのに。

さて,今日は畑を荒らすのがいったい何なのかを調べようとトレイルカメラを取り付けてみた。もう一度種を蒔いてみて,明日の夕方にでも見てみよう。何が映るか・・。


鳥に悩まされる我が家の畑。鳥の脅しもぶら下げているが,相変わらず畑は荒らされてばかり。しかも種を蒔いたところばかり狙われる。それも,ホウレンソウの種ばかり。鳥よけネットを張ろうと準備もしたが結構大変。そんなとき,テグスを張ったいいという情報が・・。さっそくネットで調べてみると,なんでも黒テグスというのが鳥には見えなくて恐怖を与えるのでいいらしい。早速ホームセンターにいって購入してきた。
・・と,ここまではいいのだが,ホームセンターの農機具販売コーナーに行くといろいろなものが目につく。こんなものが目について,思わず買ってしまった。

ロックウールという保水性にすぐれたものらしい。これに種を蒔いて発芽したらロックウールごと畑に植えることができるらしい。畑でまいた種に悩んでいた矢先に,またまた新しい挑戦の誘惑が・・。いくつか,苗をそだてるために家でポッドに種まきし,苗を育てているところであったので,このロックウールでも苗を育ててみることにした。
早速,種を蒔く。まずは「ホウレンソウ」,そして「コマツナ」,吹けば飛ぶような小さい種の「サニーレタス」,今回新入りの「ダイコン」の種を蒔いて苗を育ててみることにした。
これは,あの鳥に掘り返されたホウレンソウ。今回は大事に育てたい。

これは,サニーレタスの種。蒔くのも大変なぐらい薄い。

一つの穴に1~2粒ぐらいと説明があったのだが,小さい種を入れていくと3粒も4粒も入っている穴がある。(これはコマツナ)

ロックウールは土を使っていないのであまり汚れない。大事に育てたいので,野良猫がうろうろしている外はやめて,家の中で育てることにした。さてどうなるか。ちなみに畑も,苗ポットで育てているものもまだ発芽していないので,これは楽しみだ。

自宅の古い古い倉庫周辺の草が大変なことになっていたので,本日除草を決行。

鎌をつかってチマチマと切っていたのだが,近くの人が「これを使えば早い!」とわざわざ草刈り機を出してきてくれた。ありがたい!

さっそく,草刈り機であらかたの草を刈ってしまう。結構伸びていたので,刈った草を取り除いてはまた刈るという具合で,草刈り機で何回か往復した。
しかし・・・しかしである。ここからが大変であった。何分にも,植えてある木や花を残して雑草だけを刈らなければならない。(実はこの倉庫のまわりは畑だった)結局,再度鎌を使ってチマチマと刈っていった。こんな風に,つる性の植物がたくさん生えていて刈りにくい。それでも頑張った。

  ⇒  

ふと前を見ると,真っ赤なチューリップが咲いていた。

見捨てられたような所に一つだけ咲いていた。なんともホッとする。

つる性の植物が他の木などに巻き付いてうっとおしい。かずらと同じように枯れると固くなってますます取りにくくなる。結局他の植物に食い込んで自分のテリトリーを増やしていく。これも生きる力なのかと思う。

雑草の中にこんなにゴミがあった。そういえば,ここは真剣に草取りしたことがなかった。すべて片付けることにする。

ということで,ちょっとましになったかな?しかし,これから夏草が本番になる。不安だなぁ~。
 

今日は20℃を越えていた。汗だくになった2時間半だった。

今年初めてバーナーを使って雑草の除去をした。
ここの草が多くなってくると,水やりに行くのに朝露がついて靴がぬれてしまう。草刈り機で刈ってから,日が経っていないのでまだあまり生えていない。雑草が多くなるとバーナーで焼くのが大変なので,大きくならないうちに決行。


ということで,40分程度でこのぐらい。まだ,緑の部分が残っているが,そのうち枯れるだろう。
 

今使っているバーナーはまだ新しいが,以前に使っていたバーナーはホースに亀裂が入っているのを知らずに使っていて,体中が灯油まみれになったことがある。今,考えただけでもぞっとする。そのときのことがあるので,タンクを肩にかけて使用することになじめない。

ところで,やっぱり鳥(カラス?)に種を掘り出される。

緑色の粒がホウレンソウの種であるが,なんだろう?種が残っていると言うことは種が目的ではない?狙われるのは,この畝だけ。他の畝は鳥が来ていない。この畝にだけ虫が多いのだろうか?それとも鳥でない?謎は深まるばかり。確かめたい。
もう一つ気になるのは,結球レタスが1株だけ葉の先が茶色くなっていること。

レタスの葉が茶色くなるのは病気か,湿りすぎらしい。わりとデリケートなのが結球レタスが難しいと言われるゆえんか。

せっかく植えたホウレンソウの種が所々で土の上に出てきている。掘られような後もあちこちに・・。見たわけではないが鳥ではないかと思う。というか,昼間の出来事なので鳥だろう。あまりにひどいとネットを張ることを考えているが,とりあえず百均で売っているこんなものをつけてみた。

よくできているなぁと思う。風に揺られて本当のカラスがいるみたい。さて,この効果は???。

夕方見に行っている見るとこんなになっていた。

なんかワナにかかった鳥みたいで,ひもが巻き付いて動かなくなっていた。ひもを見てみるとねじれてちょうどゴム紐が巻かれて縮まったようになっていた。

ちまちまとねじれを戻して,もう一度スタンバイ。幸いにして大きな被害はなかったが,効果はいかほどのものか。明日から注目。

今日は朝から畑でのんびりと・・忙しく過ごす。
まずは,前に「キタアカリ」を植えて数を間違えて余ってしまった畝に「男爵」を植える。

これで2畝にジャガイモを植えることができた。さて,種類が違うと成長も違うか楽しみだ。
今度は,マルチを貼った畝の余っている部分に,ブロッコリーとピーマンの苗を植え付ける。一応ピーマンには倒れないように支柱を立てて麻紐で固定した。

次はいよいよ種まき。母の種まきを手伝っていた時に,よく使っていた園芸用の土を使う。

まずは,ホウレンソウ。この時期だと遅いみたい。でも果敢に挑戦。それにしても種が小さくて蒔きにくい。レーキの柄で土に溝をつけて蒔いていきます。

そして,コマツナ。種の色が違う。さらに小さい。
 

そして,最後はサニーレタスの種。もうこれは蒔くというより散らす感じ。本当にこんなので芽がでるのだろうか?と思うぐらい薄くて小さい。というものの,一応他の種と同じように蒔いて薄く土をかけた。一応これで今日の種まきは終了。

それでも,サニーレタスだけは本当に芽が出るのか心配なので,苗用のポットに2~3粒づつ蒔いて家で苗を育ててみることにした。

ジャガイモの畝の隣に,ダイコンでもつくろうかと牛糞を蒔いて驚いた。昨年からおいていた牛糞と今年買った牛糞では色が全く違う。写真では手前の黒っぽい方が昨年の牛糞で,奥の茶色っぽい方が今年買った牛糞である。また,今年の方がさらさらして乾いた感じがする。自分は,黒っぽい方が当たり前だと思っていたのだが,一年袋の中に入れていたので発酵か何かの原因だろうか。ちなみに,同じ袋だから同じ製品。

Joomla templates by a4joomla