先日準備しておいたマルチに穴をあけ、ニンジンの種まきを行った。ニンジンは芽が出るまでが勝負だそうで、毎日の水やりが大切らしい。芽が出るまで約10日間。楽しみだ。
 

前回のほうれん草の種まきの時に、せっかく撒いた種を鳥に掘り出されてしまったので、今回ははじめから黒テグスを周りに張ってみた。今のところ、鳥が来た気配なし。効果絶大!

ニンジンを植え付けるために固い土地を深く掘り返さなければならない・・・ということで、ヤンマーMK-8の登場。

4月以来である。FFサラダと違って重い。100Kgもある。少しもてあまし気味。しかし、この重さがあるために、地面を深く掘ることができる。今回は、さらにおもりを追加して、固い地面に対抗する。

サラダでは軽くて、ツメがまったく地面に食い込まなかったが、MK-8はたやすく掘り返していく。しかし、力がすごいので自分が引っ張られそうになる。(汗)
しかし、なんとか2回の往復で深く掘ることができた。

午前中に、畝作りとマルチがけまで終了!
 

軽トラに積み込み完了。

なにぶんにも重たいので、積み込みも慎重にしなければならない。実は、運んでくるのがめんどうなので、少しぐらいならクワで掘っている。けれど、やっぱり機械の力はすごい。時間を労力を大幅に節約できる。今回はおもりを追加したので扱いは難しかった。

まだまだだと思っていたが、葉にかくれてピーマンとダイコンが育っていた。特に、ダイコンは徒長してひょろひょろになっていたころ(あのカイワレダイコンと思われた時期)を思うとその生命力に驚かされる。
 

今日は、まず仮に立てた支柱を超えてきたトマトのために、改めて支柱を立てた。こんな感じ。

ちなみにハウス以外でトマトを育てるのは初めてである。この形も初めて。どうなるだろう。

ニンジンを育てようと、FFサラダもよくがんばってくれたが、これが限度。この下にある土が固くて掘れない。
 

クワでもう少し掘ろうかと思ったが午後はとにかく暑い!ということで、もう少し大きな耕耘機を使って後日掘ることにした。幸いにして梅雨入りが遅れそうなので何とかなるだろう。

使っていない、この部分にまたまた初挑戦・・・マクワウリを植えてみることにした。

種をまいて、苗はポットで大きくなりつつある。苗を植える部分に苦土石灰と肥料をまいて耕しておいた。

さて、どうなることやら・・・。

暖かくなってきて,畑のものも成長が著しい・・・が。
まずは,ピーマン,ブロッコリー,サニーレタス,結球レタス(まいてきている)
   

そして,種を蒔いて育ててきた,コマツナ,サニーレタス,ホウレンソウ,芽を出して徒長させてしまいひょろひょろのまま植えたダイコン?
   

しかし,コマツナとブロッコリーはついに虫がつき始めた。荒らされている。
 

コマツナはわからない。とりあえず,株の下に除虫剤をまく。ブロッコリーはアオムシだろう。
朝,早く来てみたらやはり大集団だった。まだ,卵からかえったばかりの小さいものから,すくすくと育ったものまでさまざま。これがあっという間に大きくなるから驚きだ。このぐらいだと,1日で葉に大穴を開ける。

前に,キャベツを作っていたときに毎朝戦っていたことを思い出す。今回が時間があるからひたすら除去することにした。これから毎朝の戦いが始まる。

なかなか芽が出ないジャガイモの畝。目立ってくるのは雑草ばかり。こんな状態。
これがなかなか抜けない。存在感抜群! スイバ?
 

とにかく,雑草を取ろうと頑張っていたら,あれ!芽が出ているではないか。

雑草の影に隠れるように出てきていた。よくよく見てみると,後から植えたほうもちらほらと太陽を求めて葉を広げようとしている。ガンバレー!
ここからは,成長が早いと思う。ひとまず安心した。

ところで,ロックウールに蒔いた種が芽を出したのはいいが,ダイコンなどはカイワレダイコン状態となってしまった。

ダメ元で,畑に植えてみた。ネットで検索すると茎を深く土に植えてうまくいった例があったので・・・。

夕方,水をやりに行った・・・やっぱりダメかぁ~。

昨日,一日見ていなかったらすごいことになっていた。
 

ロックウールもほとんど乾いていない。

マルチを突き破って出てくる雑草。

草焼き器で焼いたから枯れると思っていたら,立ち直った雑草。

これから,夏にかけて雑草の力はますます増してくるだろう。戦いはこれから。

Joomla templates by a4joomla