剣道指導者講習会なるものに初めて参加した。指導法のテクニックや留意点など,すぐに実践に役立つものが中心なのかと思ったが,午前中は指導者としての心構えが中心の座学であった。剣道の練習はどうしても道場での練習が多いと思うが,そこには子どもや大人が一緒に稽古に励んでいる。やっぱり指導者として共に修行に励んでいるという背中を見せることが必要だと思う。今日の座学では指導者として,心の中心とすべきものについて改めて認識させられたように思う。また,竹刀をはじめとした剣道具の安全性について,再度認識させられた。

午後の部の準備体操については興味深い内容であった。ラジオ体操を留意点にそって真剣に,そして一生懸命やってみたらとてもしんどい・・・。
剣道形は日頃から十分練習しているつもりであったが,熟練者の木刀の一振り一振りに感嘆する瞬間の連続であった。
稽古の時間は短かったが,どの先生にもよく引き立てていただき感謝の極みである。また,大変久しぶりにF先生に稽古をつけていただいた。F先生には過去に大変影響を受けた言葉が心に残っており,それは私の子どもたちへの指導にも生かされている。F先生との稽古で今日の講習会を締めくくれたことがうれしかった。

参加して大変よかった。・・・が,大変疲れた。

1ヶ月に1回の支部の練習会。またまた多くの人と稽古をつけてもらうことができた。

気合いが入っていてよかったという意見や,体当たりしたときに,故意に突き飛ばすようなことをしない。手首を柔らかく打てばもっと速く打てるようになるだろう。やっぱり右肩から竹刀が出ているなど,貴重な意見をいただいた。

 

中学生を相手にしていて感じた。攻める,相手が下がって打ってくる。あわてて打つ。タイミングを外されて空を切る。あるいは姿勢が崩れる。いつも,大人はまっすぐ攻めてきてくれた。いわゆるひきたててくれたのだと思う。この中学生と同じように,攻めたら下がってから打つ大人を相手にした。さんざんなできであった。この中学生は大切なことを教えてくれた。感謝!

剣道形の指導をしていただいた。

全部が合気になっていない。先に打ち太刀を守る。そうしないと合気にならない。

二本目 相手の小手を抜く。実際に抜かなければならない。
四本目 相手の面を打つまで竹刀を下げる。
五本目 もっと高いところで相手の面をすりあげる。
六本目 攻め気で入る。小手をすりあげる。すりあげて小手を打った後,残心で相手を剣先で攻め上げるから,相手は下がる。
七本目 相手の胸を突く。突くところがはっきりとしていない。支え気味に受ける⇒竹刀を右に寝かせるように。胴は右足を斜め前の方に出す。横に出過ぎている。先に足を出して前に出て胴を打つと打った後の両方の間合いがちょうど良くなる。

稽古について
何かしようと思って打ち過ぎている。五段はまずせめて面。そして小手小手面。それができないといけない。
昔に比べて面が右手で打っている。左で振る。⇒素振りが足りない?ぜったいもっと伸びるはずだ。そしたら決まる。
Sさんの面を研究する。

打った後、身体を預けるようになっている。

腕の動きと竹刀の先が同じスピード。

Joomla templates by a4joomla